『簡易点検・定期点検』は、当社にお任せください。
2015年4月施行の
フロン排出抑制法により
業務用冷凍空調機器の
点検が義務化されました。
ご相談・御見積りはお気軽に
0120-025-238


 
 
qrcode.png
http://www.dcsk.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

第一セントラル設備株式会社
〒272-0816
千葉県市川市本北方1丁目35番5号
TEL.047-332-5206
FAX.047-333-7928
──────────────────
1.給排水衛生設備一式
2.空調設備工事一式
3.空調保守メンテナンスサービス工事
 一式
4.換気及びダクト風導設備工事一式
5.恒温恒湿工事一式
6.冷凍冷蔵工事一式
7.管工事一式
8.電気設備工事一式
9.建築工事一式
10.土木工事一式
11.太陽光、太陽熱、風力等を利用した
 発電システムの企画、及び機器の
 設置・販売
12.建物内外の保守管理清掃業務
13.室内空気環境測定業務
14.空調関連機器販売一式
15.高圧ガス販売
16.その他、上記に関連する附帯工事
 一式
──────────────────
国土交通大臣許可登録(特-28)第24347号
管工事業 電気工事業 土木工事業
国土交通大臣許可登録(般-28)第24347号
建築工事業 機械器具設置工事業
052166
 

太陽光発電のお客様

 

太陽光発電事業  神奈川県「ロジポート橋本」

太陽光発電事業  神奈川県「ロジポート橋本」
 
 
2015年7月1日
 
 
神奈川県相模原市 
 
【第一セントラル設備㈱・ロジポート橋本発電所】 2,283.56KW
 
 
発電事業を開始いたしました。
 
 
   
 詳しい内容については、お気軽にお問合せください。 
 
お電話でのお問い合わせは
第一セントラル設備株式会社
0120-025-238
太陽光発電設備 担当:田中・仲村まで
 

太陽光発電設備 施工実績

太陽光発電設備 施工実績
   
 詳しい内容については、お気軽にお問合せください。 
 
お電話でのお問い合わせは
第一セントラル設備株式会社
0120-025-238
太陽光発電設備 担当:田中・仲村まで
 
 

21世紀の創エネルギーシステム

21世紀の創エネルギーシステム
 
太陽光発電による4つのメリット 経済的メリット・環境メリット・快適メリット・健康・安全メリット
図:太陽光発電による4つのメリット
太陽光発電システムは太陽の光エネルギーを電力に変え、家庭で利用する「21世紀」へ向けた「創エネルギー」システムです。
 
空調、温水器、家電製品など快適な生活には電気の力が必要となります。
その電力を太陽光発電で自家発電することで経済的にも環境的にも優しい生活をおくることができます。
 
太陽光発電システムは梅雨の季節や冬の間でも1年を通して発電することができるので、ほぼ安定した電力を得ることができ、昼間に発電して余った電力を売ることができます。
 

太陽光発電のしくみ

太陽光発電のしくみ
 
太陽光発電システムは「太陽電池モジュール」「パワーコンディショナー」「屋内分電盤」「電力量計」の4つの機器で構成されています。
「太陽電池モジュール」は太陽から光エネルギーを受けとり、「パワーコンディショナー」で発電した直流電力を交流電力に変換後、「屋内分電盤」で電力を家電製品に分配します。
「電力量計」は発電して余り売却した電力(売電)量と、購入した電力(買電)量をそれぞれ表示します。
   
太陽電池モジュール
太陽電池モジュール
太陽電池モジュールは、パネルから太陽の光を受けて、効率よく直流電力を作りだします。
寄棟屋根対応型や切妻・陸屋根対応型があり、様々なタイプの屋根に設置が可能です。
 
 
パワーコンディショナー
パワーコンディショナー
太陽電池モジュールで発電された電力を家庭で使用できる交流電力に変換します。
システム全体の運転を自動管理し、屋外設置タイプと屋内設置タイプの2タイプがあります。
また、リモコンで1日の積算電力量やCO2削減量の確認をすることができます。
 
屋内分電盤
屋内分電盤
発電した電力を各部屋へ分配し、使用できるように送ります。
また、太陽光発電専用のブレーカーがついているものもあります。

ご家庭によっては既存のものをそのまま利用できる場合があります。
 
電力量計
電力量計
売電量と買電量を区別した2つのメーターを設置します。
発電により余って売った電力量と不足して買った電力量をそれぞれのメーターで計量し、表示します。
 

太陽光発電で電気ができるしくみ

太陽光発電で電気ができるしくみ
 
太陽光電池には「-」の電気を帯びるN型半導体と「+」の電気を帯びるP型半導体の2種類があります。
 
この2種類の半導体に太陽光が当たることで「-」と「+」の電子がN型半導体側とP型半導体側の両極2つに分かれます。
 
2つに分かれた「-」と「+」の間には乾電池のように電圧が生まれ、「-」の電極となったN型半導体と「+」の電極となったP型半導体に電線をつなげば、電気を取り出すことができるのです。
 
 
太陽光電池で電気ができるしくみの図
図:太陽光電池で電気ができるしくみ
 

1.経済的メリット余った電力は売電でき、電気代が安くなる

1.経済的メリット余った電力は売電でき、電気代が安くなる
 
余った電力は売電できます
太陽光発電システムを利用すると、発電の行われる昼間の時間帯は太陽光発電で消費電力をまかなうことができるうえに、使い切れず余ってしまった電力(余剰電力)は電力会社へ売ることができます
電力線が電力会社と連携し、電力の売買が自動的に行われるので面倒な作業は一切ありません。
 
また、設置された電力量計には、売電用・買電用の電力量が一目で分かるよう表示されているので節約の意識が芽生えやすいというメリットもあります。
 
 
晴れの日の電力消費パターンのグラフ
 図:晴れの日の電力消費パターン
   
時間帯別電灯契約でさらにお得になります
「時間帯別電灯契約」を利用し、発電が行われない夜間の電力を割安にすることでさらに経済効果を高くすることができます。
 
一般的に電力会社との契約は、「従量電灯契約」という電気使用料金が24時間同じ単価のプランを利用しています。
「時間帯別電灯契約」とは、その単価を昼間・夜間の2つに分けて計算する電気料金プランで、昼間は割高(約30%アップ)になりますが、夜間は割安(70%オフ)になります。
また、太陽光発電によってできた余剰電力は買電単価と同額で売電されるので、「従量電灯契約」のときよりも高い料金で売電することができます。
 
さらに、洗濯機や食器洗い機はタイマーをセットして割安な電力の深夜に稼動するようにするなど、太陽光発電システムと時間帯別電灯契約をうまく組み合わせることで経済効果を高めることができます。
   
時間帯別電灯契約を利用すると夜間電力が安く利用できます。
図:夜間電力が割安な時間帯別電灯契約
電力は一定の使用量によって単価が変化します。使用量が増えるほど、その分の単価は高くなります。
東京電力の場合、使用量が120kwhまでが第1段階料金、120kWh~300kWhが第2段階料金、それを超えると第3段階料金となります。
太陽光発電システムを利用し、電力を自給することで使用量を第1段階に抑えることが大きな節約になります。
 

国・地方自治体の補助金制度が利用できます

国・地方自治体の補助金制度が利用できます
 
国の太陽光発電システム普及への取り組み
太陽光発電システム設置にあたり、国や自治体より補助金を受けることができます。
国は太陽光発電を原子力発電や化石燃料の代替エネルギーとして、また環境に良いクリーンなエネルギーとして太陽光発電システムを有効と考え、一般家庭への普及促進のため設置費用の一部を補助しています。
国補助金は返金の必要がありませんが、発電量、売電量、買電量やアンケートなどの定期報告が必要となります。
 
 
 
 
地方自治体の太陽光発電システム普及への取り組み
国の補助金以外にも地方自治体からの上乗せ補助を受けることができる場合があります。
地方自治体の募集期間は国の補助金より募集期間が短くなります。
 
 
   
国・地方自治体の補助金の詳しい内容についてはお問い合わせください。
 
お電話でのお問い合わせは
第一セントラル設備株式会社
0120-025-238 担当:田中・仲村まで
 

「屋根上貯金」で高金利の投資効果が得られます

「屋根上貯金」で高金利の投資効果が得られます
 
低金利の世の中で『屋根の上に預けると』金利計算で年率4%・100倍以上の投資効果となります。
 
例えば、太陽光発電システム導入に200万円かかるとして(3kWシステム程度)、スーパー定期で200万円預金しても約5,000円程の利息しかつきませんが、太陽光発電システムに投資すれば年間約9万円のメリットを生み出します。
 

オール電化との連携で経済効果が高まります

オール電化との連携で経済効果が高まります
 
オール電化にすることで給湯や空調、調理など全ての光熱費を1つにまとめることができ、ガスの基本料金を払う必要がなくなります。
 
 

4.環境メリット 環境に優しいクリーンで枯渇の心配のないエネルギー

4.環境メリット 環境に優しいクリーンで枯渇の心配のないエネルギー
 
太陽光発電システムは太陽光を直接電気エネルギーに変換し、発電時に地球温暖化の原因であるCO2(二酸化炭素)や有害物質をほとんど排出しない、クリーンな自然エネルギーであるため、地球温暖化や酸性雨の解決策として貢献しています。
また、石油等の化石燃料を必要としないので枯渇する心配がありません。
 
CO2を排出せず、化石燃料を使用しないため、エネルギー問題や地球温暖化などの環境問題の解決策として国や自治体などからも普及活動が行われています。
その太陽光発電の効果としては4.20kWシステムを利用した、年間予測発電量約4,352kWhで石油消費削減量は約1,058Lと18L缶の約59本分、また、CO2排出削減量では杉の木約229本分の吸収量に相当します。
太陽光発電システムを利用することで森林を守るなど、環境に対する問題に貢献することにつながるのです。
 
 
太陽光発電システム導入によって石油資源や森林などの資源が守られます
 図:太陽光発電システムによって守られる資源
 

騒音や廃棄物を出さないクリーンなエネルギー

騒音や廃棄物を出さないクリーンなエネルギー
 
騒音・廃棄物を出さず、原子力のように深刻な環境汚染や事故を起こす心配のない発電システムです。
 

新規発電所建設に伴う環境破壊を防止

新規発電所建設に伴う環境破壊を防止
 
家庭の屋根などのスペースを有効に利用し電気をまかなうことで、森林保護、及び新規発電所の建設に伴う自然・環境破壊の防止につながります。
 

3.健康・安全のメリット

3.健康・安全のメリット
 
健康・安全メリット
「1オール電化との連携で健康・安全」
オール電化と連携することで、燃焼によるCO2や水蒸気の発生がなく空気を汚さないので健康的です。また高気密・高断熱住宅にも最適です。
IHクッキングヒーターや電気温水器(エコキュート)の導入により家中、火を使わないので安心です。
 
 
 
オール電化にすると光熱費がこんなに軽減されます
図:オール電化にすると光熱費がこんなにお得
     
   
エコキュート、IHクッキングヒーターの詳細はダイキン工業株式会社のホームページをご覧ください。
>> ダイキン工業株式会社 ホームページ (http://www.daikin.co.jp/)
 

快適メリット

快適メリット
 
太陽光パネル設置により夏場は涼しく冬は暖かく
太陽光パネルを設置するとパネルが太陽の熱を吸収するので、夏は涼しく冬は暖かく過ごすことができます。
季節 屋根表面温度
屋根材はカラーベスト
野地天板表面温度 温度差
設置前 設置後
夏場 70℃ 49.32℃ 38.40℃ -10.92℃
冬場 -5℃ 8.12℃ 13.35℃ +5.23℃
新エネルギー財団(NEF)ホームページより <(株)ポラス暮らし科学研究所調べ>
※太陽電池モジュール表面温度
 
非常用電源としても活用可能
自立運転機能で災害時などでも晴天日の昼間には非常用電源として最大1,500Wの電気を使うことができます。
 
1オール電化との連携で快適な生活
電気温水器との併用により、割安な深夜電力でお湯を沸かす為、経済的でいつでもたっぷりのお湯が使えます。
また、電気床暖房で足元から温まる頭寒足熱式の快適暖房を実現します。
 
 

オール電化

オール電化
 
1 太陽光発電とオール電化で経済的
太陽光発電システム使用で電気代を節約することができますが、オール電化を使用することでさらに経済効果を高めることができます。
 
オール電化にすることで給湯や空調、調理など全ての光熱費を1つにまとめることができ、ガスの基本料金を払う必要がなくなります。
また、東京電力ではオール電化住宅に対して付けることができる、「全電化住宅割引」を利用することができます。
経済面だけでなく、安全の面でも火を使わないので安心です。
 
オール電化にすると光熱費がこんなに軽減されます
   
千葉県在住の方を例にとり、太陽光発電システムご購入例と太陽光発電システム導入後の電気代シミュレーションをご紹介します。
 

太陽光発電システムご購入例

太陽光発電システムご購入例
 
システム設置条件
設置角度・パネル角度 南・20°
太陽電池モジュール ND-155AN 24枚(モジュール使用面積27.7m2
低格出力 3.72kWh
年間発電量目安 3,872,541kWh
 
 
ご購入お見積金額
お見積金額(税込) -  国からの補助金 +  地方自治体補助金 =  お支払い金額
  2,000,000円   ( 167,400円      93,000円 )   1,739,600円
 
国からの補助金…1kWあたり4.5万円(4.5万円×3.72kWh=167,400円)
 地方自治体補助金…地方自治体補助金 1kWあたり2.5万円(2.5万円×3.72kWh=93,000円)
 
太陽光発電システム導入による費用対効果
・太陽光発電システムを導入することで普段払っている月々の電気代が削減され、その浮いた電気代でローン返済をしていくことが可能です。
・ローン返済が終わるとその浮いたお金は手元に残ります
・太陽電池モジュールの平均寿命は約20年以上なので長い目で見るとお得です。
 
以下の内容では太陽光発電システムを導入することによる月間光熱費、年間光熱費、生涯光熱費の比較をご紹介します。
 

太陽光発電システム導入後の電気代シミュレーション

太陽光発電システム導入後の電気代シミュレーション
 
現在の光熱費
平均消費電力量 829kWh / 月
電気代 19,689円
(東京電力1ヶ月平均で算出)
 
 
太陽光発電システムを利用した電気代
 
 
太陽光発電導入前後の光熱費月平均比較のグラフ
図:太陽光発電システム導入前後の光熱費月平均比較
 
従量電灯契約…1日同じ単価で電気を使用する電気会社との契約
 時間帯別電灯契約…日中は割高、夜間は割安の単価で電気を使用する電気会社との契約
 
 
システム導入による年間光熱費比較のグラフ
図:システム導入による年間光熱費比較
 
生涯光熱費累積推移比較のグラフ
図:生涯光熱費累積推移比較
   
太陽光発電システム導入により年間光熱費が半分以下になります
太陽光発電システム導入と売電により年間約14万円の光熱費削減となり(機器償却除く)、年月が経つほどにその効果は高まっていきます。
この差額で太陽光発電システムのローンを払う場合、12年強で返済することができます。
   
ここでは太陽光発電システムが1ヵ月、1年間のうちにどれくらい発電するのかをご説明します。
雨の日や曇りの日、冬の時期など一見発電しないイメージの日も実際はしっかり発電をしているのです。
 

発電カレンダーの例

発電カレンダーの例
 
千葉県八千代市のあるお客様の3月の発電カレンダーを例にとり、3.12kWhの太陽光発電システムが1ヶ月でどれくらい発電するのかを掲載しています。
 
 
発電前と発電後の設置効果グラフ:太陽光発電と売電で月10,618円の効果
下図のカレンダーを1ヶ月間通してみると、雨の日や曇りの日も発電が行われていることが分かります。
 
 
また、3.12kWhシステムでの年間発電量目安は3,120kWhとなっており、1ヵ月では260kWhが目安となっていますが、この月は合計336kWh発電し、目安より約70kWhも多く発電しています。
 
千葉県 3月の発電カレンダー
日付(曜)       1(木) 2(金) 3(土) 4(日)
天気      
発電量       4kWh 11kWh 9kWh 6kWh
日付(曜) 5(月) 6(火) 7(水) 8(木) 9(金) 10(土) 11(日)
天気
発電量 5kWh 16kWh 10kWh 12kWh 18kWh 19kWh 9kWh
日付(曜) 12(月) 13(火) 14(水) 15(木) 16(金) 17(土) 18(日)
天気
発電量 16kWh 16kWh 19kWh 10kWh 17kWh 4kWh 7kWh
日付(曜) 19(月) 20(火) 21(水) 22(木) 23(金) 24(土) 25(日)
天気
発電量 16kWh 16kWh 19kWh 10kWh 17kWh 4kWh 7kWh
日付(曜) 26(月) 27(火) 28(水) 29(木) 30(金) 31(土)  
天気  
発電量 7kWh 17kWh 8kWh 8kWh 4kWh 2kWh  
 
 

関東地方での月間発電量

関東地方での月間発電量
 
関東地方 6月から1年間の月間発電量(4.16kWシステム)
 
 
関東地方6月から1年間の月間発電量
12ヶ月合計
4,871kWh
月平均 406kWh
 

屋根の形に合わせた太陽電池モジュール

屋根の形に合わせた太陽電池モジュール
 
設置面の方角や形状に合わせたパネルで屋根のスペースを無駄なく利用することができます。
 
 
標準モジュール写真
標準モジュール
 
コーナーモジュール写真
コーナーモジュール
   
2つのモジュールで屋根のスペースを有効活用
標準モジュールとコーナーモジュールを合わせて利用することで屋根のスペースを無駄なく有効活用することができます。
 
 
従来モジュール設置の場合
従来モジュール
設置の場合

屋根面の隅のスペースを利用できず、設置枚数も少なくなります。 
 
太陽電池容量:2.64kW
 
コーナーモジュールを利用すると
 
寄棟屋根対応モジュール設置の場合
寄棟屋根対応モジュール
設置の場合

稜線に合わせてきれいに配置でき、屋根面の隅々のスペースまで利用できます。 
 
太陽電池容量:3.94kW
   
屋根の形状に合わせての設置が可能
切妻屋根、寄棟屋根、陸屋根などの屋根の形状に合わせて設置が可能です。
新築・既築を問わず、取り付け工事を行うことができます。
   
設置にあたっての弊害はありません
太陽電池モジュールを設置することで屋根に高負荷をかけることはありませんので、雨漏りをおこす弊害はありません。
 

設置例

設置例
 
市川市 M様の設置例
 
 
切妻屋根の設置例
屋根形状 切妻屋根
太陽電池容量 3.72kW
シャープ太陽電池モジュール: ND-155AN×24枚
パワーコンディショナー: JH-S402×1台
 
経済効果 補助金
年間発電量 3,872,541kWh 国の補助金 167,400円
年間削減電気代 約14万円 市川市の補助金 93,000円
 
   
市川市 M様の設置例
 
 
寄棟屋根の設置例
屋根形状 寄棟屋根
太陽電池容量 3.8kW
シャープ太陽電池モジュール:NE-100CN×34枚 ・ NE-050RN×6枚 ・ NE-050LN×2枚
パワーコンディショナー:JH-S404×1台
 
経済効果 補助金
年間発電量 3,925,818kWh 国の補助金 171,000円
年間削減電気代 約14万円 市川市の補助金 95,000円
 
   
市川市 K様の設置例
 
 
寄棟屋根の設置例
屋根形状 寄棟屋根
太陽電池容量 3.72kW
シャープ太陽電池モジュール ND-155AN×24枚
パワーコンディショナー JH-S402×1台
 
経済効果 補助金
年間発電量 3,318,096kWh 国の補助金 167,400円
年間削減電気代 約15万円 市川市の補助金 93,000円
 
   
太陽光発電システムを導入されたお客様のご感想をご紹介いたします。
 
市川市 M様
 
 
市川市M様の太陽光発電システムの導入例
太陽電池容量 3.8kW
年間予測発電電力量 3,900kWh
シャープ太陽電池モジュール:NE-100CN×34枚・NE-050RN×6枚・NE-050LN×2枚
パワーコンディショナー:JH-S404×1台
 
お客様の声
太陽の光を家庭の電力に利用でき、その上環境に優しいということで導入しました。
 
導入当初、発電をしないのではないかと心配していました曇り、雨の日も予想以上に発電して安心しました。
1日の発電量がリモコンで確認でき、電気代が節約されていくのが目に見えるので毎日家族で確認するのが楽しみです。
 
 
 
   
市川市 K様
 
 
市川市K様の太陽光発電システムの導入例
太陽電池容量 3.72kW
年間予測発電電力量 3,300kWh
シャープ太陽電池モジュール:ND-155AN×24枚
パワーコンディショナー:JH-S402×1台
 
お客様の声
太陽光発電システムを設置して本当に良かったですね。
我が家で発電をするようになってからは格段に電気代が減っています。
どれだけ発電しているのか楽しみで、毎日リモコンで発電量を確認するのが日課になっています。
 
今後はさらに光熱費を下げるためにオール電化に向けて検討中です。
特にIHクッキングヒーターは火力も強く、きれいに使えるので魅力的です。
 
 
 
   
※ 太陽光発電システムに関する各数値・表現内容は、SHARP住宅用太陽光発電システム総合カタログ(2004.7)によるものです。
 
 
   
※ 太陽光発電システムに関する各数値・表現内容は、SHARP住宅用太陽光発電システム総合カタログ(2004.7)による ものです。
 
 
   
あ~た行 】 【 な~ん行 】 【 A~Z
 

あ~た行

あ~た行
 
交流電力
方向及び大きさが一定の周期で変化する電流。
家庭用コンセントが交流。

コーナーモジュール
寄棟屋根や複雑な屋根形状にフレキシブルにきれいに設置できるようにシャープで開発した三角形のモジュール。

時間帯別電灯契約
電力会社の夜間電気使用量が多い方にお得な電気契約で、夜間の電気量が従量電灯単価に比べ70%割安。
 
自立運転機能
太陽光発電システムにある設定で万一の停電の場合でも、自立運転に切換えることでシステム専用コンセントから最大1.5kWの電気が使用可能。
※炊飯器1.0kW、電子レンジ700W~1.5kW

全電化住宅割引
いわゆるオール電化住宅(湯、調理、暖房などすべての熱源が電気設備住宅)の家庭対象の電気料金割引。

直流電力
電流の流れる方向が定まっている電流。直流の代表的なものは乾電池。
 

な~ん行

な~ん行
 
年間予測発電電力量
太陽光発電システムを設置して1年間に発電する予測の電力量。

売電量
太陽光発電システムの発電量から使用電力を差し引いて電力会社に売却できる電力量。

発電量
太陽光発電システムを設置して発電される電力量。
 

A~Z行

A~Z行
 
N型半導体
電流を伝える役割を担う、マイナス (negative) の電気を持った電子。

P型半導体
電流を伝える役割を担う、プラス (positive) の電気を持った電子。
<<第一セントラル設備株式会社>> 〒272-0816 千葉県市川市本北方1丁目35番5号 TEL:047-332-5206 FAX:047-333-7928